2005年2月 7日

1月のまとめ。

先月考えていた練習メニューはほぼ予定通り。2月はリップスラーをより重点的に行う事。
フレーズの練習の仕方でとても興味深い方法を教えてもらったので試してみる。
1.時間は30分。
2.該当箇所の楽譜を表情記号、強弱記号もひっくるめて暗譜。
3.暗譜した楽譜の決まり事(強弱の場所、スラー等のアーティキュレーション)を逸脱しない範囲でフレージングのバリエーションを可能な限り考える。
4.部屋を暗くする。
5.イメージしたバリエーションを楽器で忠実に再現する。または再現するよう努力する。

フレーズは短くても構わない。寧ろ3~4音で構成される場合の方が覚え易いし、テクニカルな問題も生じにくい。
キモは部屋を暗くする部分。視界をシャットアウトして30分くらい試していると、普段自分が細かい部分をかなり雑に捉えていた事がよく判る。勿論元から出来ていない部分もあるわけだが、見逃している部分の多さに驚かされる。

フレーズ以前のテクニカルな問題の解決法として(今のところ)結構有効なのは、指だけの練習。金管楽器の指使いののシステムがピアノ等の鍵盤楽器と違う点は、(倍音列の関係から)所々に唇だけで音を変える部分があることにより、一連に楽譜上で音が動いていても指は動かない、つまり指の動きだけで見ると楽譜と違うリズムが現れる場合がある点、もう一つは音の変化に対して指を下げるだけでなく上げる運動も関わってくる点にあると思う。楽譜も覚えた、指も回る、音程も判っている、だけどしっくりこない、という場合にはこの辺りをつついてみると結構解決に繋がる感じ。

2005年1月 9日

12月のまとめ。

比較的大きなイヴェントだったのは「Le bourdon en branle」の再演。今後に向けての課題。ライブエレクトロニクスを使用する曲の場合の多くは事前に綿密に分析する、合わせる事が出来ず、尚且つ当日の会場のコンディションによって出てくる音がまるきり違う。こういう不確定要素はある面から考えれば確かにスリリングで面白い結果を生む事も確かだが、不用意なアクシデントを招く点も確かにあり、今回は後者の問題が浮き彫りになった感。次回(があるならば、だが)は自分のパートをよりソリッドに仕上げていくか、何らかの形で所謂「合わせ」ができる環境を作る事を考慮したほうが良い。

F管に関しては練習の内容を大きく3つに分ける。「毎日必ずやる(べき)練習」「時間があるときにつつくエチュード」「曲」。「毎日必ずやる(べき)練習」はアルペジオ、リップスラー、特殊奏法がメインになっている。ウォームアップではなく、苦手分野の解決に近い。問題はあれもこれもスタートアップに積み込みすぎて起動がめちゃ遅いOSのようになっている点か。エチュードはヴィズッティの2巻とアーバンのタンギングを取り上げているが、それなりの効果があったように思う。これも同じく時間が肥大化しているので、ある程度のシェイプアップが必要。譜読みなど「曲」の練習が必要なときは前二者は豪快にすっ飛ばすこと(基礎練習という「手段」が「目的」化するのは避ける事)。

C管とセルパンの練習は表裏のようなところがあって、どちらかをやるとどちらかが疎かになる、という状態にある。どちらも練習場所、時間に制約があるのも挙げられるが、この2つを(時間割的に)横に並べて吹くとどうもどっちつかず的な状態に陥る。この辺りの配分は月によってよく考える。C管は主にエチュード、セルパンはオルティスのメトードを使用。

2004年12月26日

練習日記を返し読みしながら考えた事。

その四、その伍(完結)はそのうちアップするとして。毎日の練習で毎回新しい発見があればよいのだけれど、本来その大半は「積み重ね」に相当する部分が多く、内容として結果的に「何を練習したのか」、ということより「何をやったのか」、という備忘録的な要素が多い。意図して備忘録的に使ってみていたところはあるのだが、後から省みると出来事自体は「フーン」で済んでしまい、練習に於いて何が問題であって、どういう解決プランを立てて、どういう結果になったのか、という観点から検証しづらい(特に後ろの二点)。という事で、来月辺りからは日記のペースを落として(もう充分落ちきっているという説もあるけれど)月単位くらいでどういう練習の推移があったのかをもう少し詳しく残していこうと思う。

2004年12月18日

練習日記返し読みその参

マッチポンプ企画第三弾。2001年6月。この辺りから日記記入の遅れが常習化していますが二度とその話題には触れないで下さい。臥してお願い申し上げます(泣)。興味が引かれるのは長2度のインターヴァル(C-D-C#-D#…)の練習はこの一時期集中してやって後はほったらかし、の感があるのだが、この音型は今でも割りと悩まずに指が覚えている。ものによってはこのように「ユニット化」が可能な練習もあるということだろう(個人的には全音音階もそうだった)。逆にタンギングのように放って置くとどんどん鈍っていくものもある。この辺りの見際目をもう少しはっきりとすべき。デイヴ・バジェロンのマスタークラスで彼が「art」より寧ろ「craft」という言葉に重点を置いて話していた、というのを再読して再び同意。個人的に、音楽にしろ美術にしろ craftsmanshipの見られないartにはあまり関心が無い。
2001 年7月。「ブレーク」(本来音程、音量に対して連続的であるべき口の形が、ある音程間で切れていること)について初めて触れている。これ以降日記で触れたことはあまり無かったように記憶しているが、これは今に至るまで完全に解決できていない問題の一つである。自分自身のケースで言うと中音域のG-Aの間を上昇するときだけに「ひっかかり」があって、これを均すのに色々試してはいるのだけれどいまいち納得がいかない。思うに普段使っている2つの間の通り道と別の、より広くて距離が短いショートカットのようなものがあるのかもしれないけれど、いつも迷ってしまう、そんな感じ。

2004年12月17日

再掲

#レ-#ファ-ラ-#ド-#レ-#ファ-ラ-#ド-#シ-#ソ-#ファ-#レ-#シ-#ソ-#ファ-#レ-#ドー。あ゛ーーーーっっっっ!
と相変わらず異名同音に逆ギレする最近の若い世代。(挨拶)
返し読みをしているとタンギングに関する怖い予言があったので試しにアーバンを引っ張り出してやってみると見事に成就している。こうなったらやらんわけにはいきませんよ、という事で今日からメニューに再掲。時間を15分に区切ってタイマーをかける。そうしないとまた逆上して訳わかんないことになりそうなので。個人的な印象ですがタンギングの練習における逆上ってゲーセンで対戦格闘ゲームやってて乱入されてズタボロにされたときの気持ちに似てませんか似てないですかそうですか。

2004年12月15日

練習日記返し読みその弐

マッチポンプ企画第二弾。2001年4月。この頃は在仏4年目で、春になってもまるっきり暖かくならない気候への悪態が目立つ。アーバンの第二巻の練習内容は今後使うときに中々使えそうなので取っておこう。この頃からテューバ以外の楽器をコンスタントではないにせよ練習する機会が多くなった。その辺りの試行錯誤は今に続いているが、奏法をどの辺りまで共有できるか、といった点がキーポイントになる。息を吸い込んで唇を振動させる、という点まではテューバ、セルパン、コントラバストロンボーン、チンバッソともに共通はしているものの、音色へのアプローチ、フィンガリングだけは如何ともしがたい。一つの可能性としては、それこそアルペジオ、スケールなどの基本的なフォーマットを一つの楽器(例えばテューバ)で習熟して、それぞれの楽器に持ち替えたときには先の 2点のみに問題を集中させる、といった方法か。
 2001 年5月。開始2ヶ月にして早くも日記の遅延が見られる。ははは。悪いか?(開き直り)。「タンギングは特にサボると後退が激しい。」などと怖い事がさらりと書いてある。そういえば最近この手の練習から遠ざかっているような。装飾音関係の練習で結構苦労していたようだ。この手の練習は実際の演奏で使う機会が極端に限られ、更にテューバの場合だとスラー、フィンガリングが枷になり冗長になって優雅な「装飾」に程遠いな、と思って止めてしまった記憶がある。一方セルパンでレパートリー開発をするためにはこの手のテクニックは難易度がどうであれ必ず超えなければならない壁になるはずで、今後もう一度しっかり取り組むべき課題だろう。この頃やったツェルシのオケ曲の中の変わったミュート指定、1.ミュートの出口(朝顔の方)に布をはっつけて、それをひっくり返し(つまり布がかぶっている方を下にして)、ミュート。2.布を楽器のベルに直接覆いかぶせて、ミュート。というのは今思い返してみると本当になんじゃこりゃ、である。他に使い道、無いだろうなぁ。しかしこの頃から応援しつつも来年はもう無いかもしれない、とはらはらしていたF1ミナルディが未だ健在(健在とあえて言い切ってしまおう)ということに一番感動した。

2004年12月14日

練習日記返し読み

足が痛いからとだらだら寝ていても世は師走でなんだかとっても申し訳ない気がしたので、サイトのあちこちの修正を試みたりしていたわけだが、自分でもすっかり忘れていた練習日記の過去ログにも手をつける。気がつくと練習日記をつけ始めてから早3年と8ヶ月が経過し(後半になるにつれ怪しい雲行きになっていったわけだが)、改めて読み返してみるとそれなりの心境の変化なり新たな反省事項なりそんな昔の事知るかバカみたいな気持ちにもなりで新鮮だった。以降月ごとに今の目で気がついた点を少しずつ取り上げていこうと思う。マッチポンプな気がしないでも無いが。
2001 年3月。基本的にやっている事はあまり変わらないわけだが、この頃既に昼寝やら寝坊などの重要キーワードが頻出している辺りに心が和む。メニューを拡大しすぎて収拾がつかなくなる点も既に芽生え始めていて微笑ましい。サイレントミュートを使って練習する際のメリット・デメリットに関してはそういえば最近すっかり忘れていた(今手元に無いんだけれども)。このミュートは音程に関しては(特に高音域で)リアルな音との乖離は激しいのだけれど、その消音効果は素晴らしいものがあると思う。また、リップスラーなどの練習では余計な抵抗がつくので、一種のウェイトトレーニングととれば一定の効果が得られるのではないかと思う。そうそう、つい最近も書いた異名同音が腹立たしい、という意見も既に見られる。…なんかあんまり成長が見られない気がするんだが。

2004年12月13日

足が痛い。

3日前から突然左足を挫いた状態に陥って歩行もままならないことに。その前日から軽い予兆はあったのだがこういう事態になるとは予想していなかった。大体何が原因なのかもさっぱり判らないので、大人しく寝っころがって事態の推移を見守るより外無い。本番前日に降って湧いたようなこの災難は世に言うところの「余を陥れるための政治的陰謀」であるところは疑いない。全くやれやれである。
 幸い二日目には大分痛みも収まり、何とか演奏会は遂行できそうだったので調子こいて会場に行ったはいいものの、その翌日には痛みが通常の3倍の速度で訪れ、ホワイトベース乗員を震え上がらせたのみに留まらず再び何も出来ない状態に。
 というわけで何日間かは緩い練習でおしまいということになりそう、と密かにほくそえんでいるのは内緒だったりする。